Google Taskと「gTask」アプリを使ってEvernote的にToDo管理を行う方法

投稿日時 2月 23rd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » 未分類
コメントは受け付けていません。

Gmailには「ToDoリスト」と呼ばれるタスク・ToDo管理機能があります。皆さんGoogle Taskを利用していますか?

タスク管理、ToDo管理と言うと、できるされビジネスマンやIT戦士たちがエレガントに仕事をこなすためのツールだと言うことで利用しようとしても敷居が高くて躊躇しちゃう、そんなにタスク管理、ToDo管理をするほどやるべきことが無いよ、と思われがちですがそんなことありません。

日々の生活の中でやるべきことや忘れてはいけないこと、言わなければならないこと、買わなければならないものなど考えてみるとタスク管理、ToDo管理ソフトに突っ込むネタはたくさんあるはずです。

それら思いつくことを今回紹介するGoogle Taskに逐次追加していき、Androidマーケットで公開されている「gTask」と言うGoogle Taskと同期を取れるアプリを使えば、外出時やPCが無い環境でもタスク管理、ToDo管理を行うことができます。まあ、タスクとかToDoとか言わずに、この際「メモ」という程度の認識で見てもらえると分かりやすいかと思います。

Gogole Taskには、Gmailから「ToDoリスト」をクリックしてメモを追加したり、Chromeの拡張機能を使ってブラウザからいつでもメモを追加することが出来ます。

Gmailで



Chrome拡張機能で



実際に私がGoogle Taskで管理しているメモをご紹介しましたが、なんかごちゃごちゃしていて見にくいですね。しかし、これでも忘れてはいけないことを全てGoogle Taskに突っ込んでいるのでこれを見れば私には何がなんだかすぐに分かります。

突っ込んだメモの中で期日が決まっているものがあればその期日を簡単に設定することが出来ます。期日が無いものはそのまま放置しておいても大丈夫です。



そして、期日順に並べてみるとその日、次の日に何を優先的にやらなければならないのかすぐに分かります。



私の場合、Google Taskにはブログで書くネタや簡単なメモなんかも一緒に突っ込んでいたりします。このメモにも期日を追加していつ書かなければならないのかも管理しています。



これらの操作は、HT-03Aに「gTask」と言うGoogle Taskと連動できるアプリを入れて行っても大体同じように管理することが出来ます。



このようにスケジューリングすべきタスクやそうでないささいなメモをGoogle Taskでまとめて管理することで、広い意味での「やるべきこと」が一覧表示できたり、期日順に表示できて一日を無駄に過ごさないようになると思います。

メモと言うとEvernoteに全てのメモを預けて一元管理、と考える方もいらっしゃるかと思います。管理の仕方はEvernoteと同じで忘れてはいけないことを全てGoogle Taskに追加すれば良いのですが、EvernoteとGoogle Taskでは管理するメモの内容が異なります。

Evernoteでは忘れては困るけどそのメモ自体がタスクではないもの、Google Taskではメモはメモだけど期限を決めたりできる「やるべきこと」を管理します。と言うか、私はそう考えて使い分けています。

完全に使い分けると言うのではなく、Google Taskで消化したメモや先ほどご紹介したブログ記事のネタをEvernoteに「アイデア」として取り込んだりして忘れないようにしたりもしています。

ま、一度「思いついたこと」をGoogle Taskに突っ込んでみてください。するとGoogle Taskって意外と使えると思うようになるはずです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5