国産Twitterクライアント「Txiicha(つくしーちゃ)」が登場 公式アプリ風のデザインと誤操作を防止する機能を装備

投稿日時 12月 9th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。




国産 Twitter クライアント「Tweecha」の開発元 sinProject さんから新たにリリースされた、まるで Twitter の公式アプリのような画面構成でとても扱いやすい新しい Twitter クライアント「Txiicha(つくしーちゃ)」の早期アクセス版がリリースされたのでみなさんにもご紹介します。

Twitter アプリは数多存在しますが、これまではどちらかというと、如何に幅広くツイートをカバーできるかに重きを置いた Twitter クライアントが多かったと思います。今回の Txiicha は「楽しく平和に使う」をコンセプトに、利便性を高め、誤操作を防止することに焦点を当てて開発されており、Twitter を初めて使う方の入り口として Twitter の公式アプリがありますが、それでは物足りなくなってきたあなたに今回の「Txiicha」は試す価値のあるアプリです。

タイムラインのメイン画面は馴染み深い公式アプリの外観をほぼ再現しており、280 文字ツイート、取りこぼしのない時系列表示、絶対時間(ツイートを投稿してからの時間)、再起動後の表示位置の記憶、バックグラウンドでの新着ツイート取得(通知が ON の時)など必要な最低限の機能を余裕で完備。またスマートフォンの狭額縁デザインのようにコンテンツ枠を広く確保しているので、一画面でより多くのツイートを見ることができます。




Txiicha の特徴でもある誤操作の防止は、下部にテロップを表示し、操作の確認を行うことで実現しています。このテロップは左右のスワイプで消去できるため、操作をキャンセルしたい場合には単純にテロップをスワイプするだけ。




Txiicha はシンプルなアプリですが、例えば検索結果やハッシュタグを一つのパネルにしてホーム画面のドックに組み込むと、ホーム画面上を左右にスワイプするだけでメインのタイムラインから追加した検索結果等を表示できます。このドックはカスタマイズ可能なので、多くのツイートをカバーしたい方におすすめです。どの画面を表示していても左にスワイプするだけでメインのタイムラインに戻れるのも長所です。




新規のツイートはタイムラインを参照しながら作成できます。これでツイート内容をちょくちょくと確認しながらツイートを作成することができます。





他にも、Instagram 画像・動画の表示、タイムラインでのフォロー状態の確認、アプリのアイコンバッジ、Google 翻訳または MS 翻訳によるツイートの翻訳、画像検索、フォントサイズのカスタマイズ機能、ダークテーマなど、多彩な機能を備えています。

Txiicha には無料で試せる体験版の「Txiicha Lite」と広告無しのカンパ版(900 円)「Txiicha Pro」があります。現在はテストとフィードバックを目的とした早期アクセス版として提供されているので、不具合が見つかったらまず開発者さんに報告しましょう(フィードバック画面で)。

Txiicha Lite」「Txiicha Pro」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5