丸いコーナーのディスプレイはスマートフォンのベゼルをスリムに見せる効果があるかも

投稿日時 12月 17th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



近年では、Android スマートフォンの中でディスプレイの四隅に丸みを持たせた独特なデザインの機種を目にするようになっています。これは単にスマートフォンをオシャレに見せることを意図しただけではなく、ベゼルをスリムに見せる視覚的なシェイプアップ効果もあるようです。

今回モデルに起用された Pixel 2 XL は、最初から四隅の角が丸いディスプレイを搭載しています。そこでもし四隅が従来のように角ばっていたと想定すると、どのように見えるのかを上図の右側にある Pixel 2 XL で示しています。

左右のベゼル幅はどちらも同じ寸法なのですが、パット見、左側の方が右側よりも細いように見えないでしょうか?人によっては丸いコーナーの方がベゼルは厚く見えるかも知れませんが、私は左側の方がスリムだと感じる一方で、丸いコーナーの分以上に画面サイズも縮小しているように感じます。

Android にはディスプレイ自体が丸いコーナーを持っていなくても UI の四隅を仮想的に丸くする設定がシステムレベルで組み込まれており、UI 構成ファイルを修正することで簡単に適用できます。

このオプションが何のために用意されたのかは、これまではよく分かっていませんでしたが、ここで紹介した視覚的なシェイプアップ効果も狙って用意したのかもしれません。

Source : Reddit

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5