Xperia XA2 Ultraで捉えた4K&スローモーションのブルーインパルス

投稿日時 2月 19th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。



Xperia XA2 シリーズはミッドレンジモデルである Xperia XA シリーズで初めて 4K 撮影とスローモーション撮影に対応しました。2 月 17 日に福岡の航空自衛隊芦屋基地にて航空祭が開催され、ブルーインパルスの展示飛行もあったので、実際にこれらの機能をテストしてみました。

今回テストで使用したのは大画面モデルの Xperia XA2 Ultra です。4K 撮影の方法は少し前の Xperia のようにミニアプリの一覧画面にある「4K」をタップすると行えます。単純に「4K」を選択して撮影するだけです。一方、スローモーションは Xperia XZ シリーズのスーパースローモーションと同様に動画モードでスローモーションボタンを選択します。これで 120fps の動画を撮影でき、その後はカメラアプリの編集画面で任意の地点間をスローにできます。もちろん Google フォトでもスローモーション動画と認識されますので、Google フォトでスロー部分を変更することも可能です。ただ、スロー以外の部分は通常のスローモーション動画とは異なり早送り再生となってしまいます。

4K モードのオプションメニューでは、コーデックを H.264 または H.265 から選択することができ、電子式手ブレ補正は「スタンダード」のみが有効です。撮影した 4K 動画の詳細を確認すると、フレームレートは 30fps で、ビットレートは約 41MB/s でした。

Xperia XA2 Ultra よりも上位の Xperia XZ Premium のビットレートは約 52MB/s でしたので、同じ 4K 動画でも画質は上位機種よりも少し劣るようです。




スローモーション動画の方は、解像度が 1,280 x 720 ピクセルに下がるので、画質はそこそこ見れるというレベルになりますが、高速に移動するジェット機でもしっかりとスローで捉えることができました。実用性は高いと思います。


関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5