スマホ動画が超スムーズになる電動スタビライザー「Zhiyun Smooth-Q」のレビュー

投稿日時 2月 21st, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ, 周辺機器・アクセサリー
コメントは受け付けていません。




3 軸電動モーターによってスマートフォンでの動画撮影がさらに安定するスマホ用の手持ちスタビライザー(ジンバル)「Zhiyun Smooth-Q」のレビューをお送りします。

Zhiyun Smooth-Q はよくあるスマホ用手持ちジンバルの一つで、現在の価格は 13,000 円前後と他社の製品に比べて安いところが一番の魅力だと言えます(当初の価格は 18,000 円前後でした)。




Zhiyun Smooth-Q にはロボットアームのようにも見えるジンバル部分にチルト、パン、ロールの 3 軸モーターが内蔵されており、それらがスマートフォンと連動して水平や向きを保ち、動画撮影時のブレを軽減してくれます。




最近のスマートフォンの多くには光学式もしくは電子式の手ブレ補正機能が備わっていますが、それらは基本的に手ブレを軽減する目的で搭載されています。一方、Zhiyun Smooth-Q だと、手ブレが軽減されるのはもちろん、カメラの方向転換や回転までも電動で制御するので、スマートフォンで撮影した動画全体が滑らかになります。それは次の動画でお分かりいただけるでしょう。手持ちジンバルにはこのようなメリットがあります。




Zhiyun Smooth-Q にはハンドル部分にモードチェンジボタン、制御のジョイスティック、ズームスライダーが備わっており、これらを親指を使って操作し、モードの変更やズーム等を制御できます。ズーム機能は後述する専用アプリでしか機能せず、しかもズームは段階的にしか動かないので映像用には適していないと思います。




直前に触れた「モード」とはジンバルの動きのことです。Zhiyun Smooth-Q にはフォローモード、ロックモード、フルモードという 3 つのモードが備わっています。基本のフォローモードでは人の向きに合わせてカメラの向きも変わり、ロックモードでは人が向きを変えてもカメラの向きは特定の方向を向いたままになります。最後のフルモードとは手元のジョイスティックで上下左右の回転を制御できるフル制御機能のことです。用途に応じてこれらのモードを使い分けます。

Zhiyun Smooth-Q の専用アプリには、「Zhiyun Play」と「Zhiyun Assistant」があります。Zhiyun Play はカメラアプリとなっており、Zhiyun Assistant は Zhiyun Play の旧バージョンです。基本的には Zhiyun Play を使用します。




Zhiyun Play は意外と機能の多い本格的なカメラアプリとなっており、写真や動画の撮影はもちろんのこと、マニュアル撮影、タイムラプス撮影、パノラマ撮影、さらには枠で囲った被写体を追尾していく撮影モードも利用できます。Zhiyun Smooth Q のフル機能を活用するには Zhiyun Play アプリが必要なのですが、このアプリは最新スマートフォンとの互換性に乏しく、Android Nougat 以上の端末だと頻繁にフリーズします。事実上、アプリは使い物にならないのですが、上記の動作モードを含む Zhiyun Smooth Q の主要な機能はアプリ無しでも利用できます。




Zhiyun Smooth-Q には2,260mAh のバッテリーが内蔵されており、一回のフル充電で 6 ~ 8 時間の連続駆動が可能です。一日分の撮影には十分な性能でしょう。また底部には三脚ネジ穴が備わっており、三脚やジンバルベースに設置することもできます。

Zhiyun Smooth-Q は外に持ち出すことが多いでしょうからパッケージにはギターケースのようなクッション性のあるハードケースが付属しており、バッグに入れても安全に持ち運ぶことができます。




アプリの互換性を除けば Zhiyun Smooth-Q は実用性の高いスマホ手持ちジンバルだと言えます。ただ製品自体は 2016 年に発売された少し古い製品のため、どうせ購入するなら DJI Osmo Mobile 2 といった最新モデルがよいでしょう。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5