スマホ手持ちジンバルのメリット、映像をズームしてもほとんど手ブレしない

投稿日時 3月 31st, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。



スマートフォンで動画を撮影する時にカメラのズーム機能を利用すると手ブレが顕著になり、映像はかなり乱れますが、そんな時にスマホ用の手持ちジンバル(電動スタビライザー)を使用するとその手ブレを大幅に軽減できます。この記事ではそうした手持ちジンバルのあまり気づかれないメリットをご紹介します。

次の動画では、前半は素手でスマホを持ち撮影し、後半は手持ちジンバル(Smooth Q)を使用して撮影した桜です。スマートフォンのズーム機能は大抵デジタルズームなので、ズームを最大にすると映像は荒くなってしまいます。それでも後半の方が前半よりもはるかに安定していることが分かります。これなら撮った動画を観賞することにも耐えるはずです。




映像をズームすると画角が狭くなるので手ブレが大きくなってきます。今の時期に見頃の桜は花びらは手の届かない場所で咲いていることが多いのでカメラをズームする方も多いと思います。そういう時に手持ちジンバルがあると綺麗に撮影できるのでおすすめです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5