niconico、VRライブコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を開始、都内に専用スタジオをオープン

投稿日時 4月 16th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。



ドワンゴは 4 月 16 日、バーチャルリアリティ事業の第一弾として VR ライブコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を開始し、本日 16 日より東京都内に専用スタジオをオープンしたことを発表しました。

バーチャルキャストというのは、ニコニコ生放送、YouTube Live、ツイキャス、Twitch、OPENREC.tv のプラットフォームに VR 空間の「スタジオ」を作成し、そのスタジオ内で他のユーザーとコミュニケーションできるサービスです。

バーチャルキャストにおいてユーザーは予め用意されたアバターやドワンゴが開発した「VRM」形式の自作アバターのキャラクターに扮してスタジオに入ります。

ネットでのコミュニケーションというと、従来は 2D の映像やチャット画面を見ることに留まっていましたが、そうした場を VR 空間に変え、その中をアバターのキャラクターとして参加できるということです。

VR のコミュニケーションサービスは既にいくつか存在していますが、ライブ配信サービスであることや、配信プラットフォームが選べるのは新しい試みだと言えます。

バーチャルキャストは Windows PC と VR ヘッドセット「HTC VIVE」を使って利用します。ソフトは niconico サイト上で無料配信中です。

バーチャルキャストは 4 月 13 日に開始しており、本日 4 月 16 日より東京・品川にモーション収録と生放送が可能な大型モーションキャプチャースタジオがオープンしたほか、池袋・ニコニコ本社「ニコぶくろスタジオ」には、有機 EL モニタを採用したバーチャルキャラクター出演対応のスタジオもオープンしています。

▲ モーションキャプチャースタジオ



▲ ニコニコ本社




Source : niconico

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5