イベントレポート : a-nation 2018のdTV・dTVチャンネルブースを取材

投稿日時 8月 26th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。



日頃はせっせと Android やガジェット系、ドローンにまつわる情報を発信している私ですが、たまには息抜きも必要ということで、エイベックス系アーテイストたちによる毎年恒例の夏フェス「a-nation 2018」の東京公演に参加してきました。この日は晴れて、日中は 35 度を超す猛暑日でしたが、イベントはホントに楽しかったです。と、ここで記事は終わりではありません。私のミッションはそう、a-nation の会場に併設された dTV および dTV チャンネルの特設ブースをレポートすることです。本記事では、ブースの展示内容やブースの雰囲気などをレポートします。

a-nation に参加された方、参加する予定の方なら今年の a-nation に dTV および dTV チャンネルの名前が冠として付いていることをご存知だと思います。その関係もあって、イベント会場「味の素スタジアム」のすぐそばに dTV の特設ブースが設置されたのです。メインの展示物はこれまでに何度かお伝えしている Dolby Atmos の空間サラウンドサウンドで聴けるアーティストのライブ映像になります。今はここでしか視聴できないコンテンツなので、a-nation に参加される方はぜひ体験してみてください。

スタジアムの外をぶらぶらと歩いていると、けっこう目立つ dTV のブースを発見。喫煙所の近くなので喫煙者ならすぐにお気づきになるはずです。




a-nation のメインイベントはスタジアム内で行われるライブなのですが、dTV・dTV チャンネルのブースにも意外と人が多くいて正直驚きました。しかも行列を作っているところもある。なお、今回、dTV:dTV チャンネルは a-nation に協賛しています。




ブースに入るなり係員の人が Dolby Atmos の体験コーナーへと誘導してくれました。




Dolby Atmos の体験コーナーでは Dolby Atmos に対応したスマートフォンとヘッドホンが数セット並んでおり、ライブ映像(AAA、GENERATIONS、倖田來未、浜崎あゆみ)を視聴することができます。スマホ等の操作は係員の人がやってくれるので、来場者は単にヘッドホンで好きなアーティストのライブ映像を視聴するだけです。




Dolby Atmos はオブジェクトベースの空間サラウンド規格です。例えば、今回のライブ映像の例だと、アーティストが映像上を移動すると、その動きに合わせて音の出方も変わり、それなりの臨場感を得られます。

私的に好印象といっても、そもそもブースを訪れた方の大半は a-nation 目的でやってきており、dTV や dTV チャンネル、Dolby Atmos のことはあまり知らないという方たちばかりです。そういった方たちでも好きなアーテイストさんのオリジナル MV が a-nation の前に視聴できて満足げの様子。けっこうノリノリっていう方も多く目にしましたね。

Dolby Atmos を体験すると、アーティストのサインやその他景品が当たる抽選にチャレンジできます。実は、前の写真で目にした行列は抽選待ちの人たちだったのです。

見方によれば、dTV のブースは抽選会に人々が殺到したという形となりましたが、その列に並んだ人のほとんどは Dolby Atmos のサラウンドサウンドを実際に体験しただけでなく、dTV チャンネルでアーティストのライブ映像を視聴できることや、a-nation 2018 のライブステージを生配信している、といったサービス内容にも触れています。なんとも上手い PR だなぁと素朴に感心しました。

a-nation 2018 東京公演のDolby Atmos 生配信は本日(日)も実施されるので、初日しか参加しなかった方でも、スマホがあればお家で a-nation を鑑賞できます。

Source : a-nation 2018

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5