逆光になりがちなパノラマショットをSnapseedアプリのHDRフィルターで補正する

投稿日時 10月 3rd, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




普段何気なくスマートフォンで写真を撮影していると、時々、逆光の写真になってがっかりすることがあります。何度も撮り直す時はそれで良いのですが、たった一枚しか撮影できなかった写真が逆光だと残念感も半端ない。そういう時には Snapseed アプリの HDR 補正を利用すると SNS にシェアする程度のクオリティまでには改善できると思います。

Android の中には自動で HDR 撮影する機種が多く存在するので通常の写真撮影でこういう問題が起きることはあまりありませんが、HDR 補正が使えないパノラマショットの場合は光源に向かう方向を一緒に撮影する場合が多いので逆光になりがちです。次の写真がその代表的な作例です。完全にアウトですよね?




そこで Snapseed アプリに備わっている「HDR 風」というフィルターを使用して修正すると、次の写真のような仕上がりにまで改善することができます。太陽付近が白飛びしそうな感じですが、写真とは間違いなく次の方が優れていると思います。




ちなみに、Snapseed アプリの HDR 風フィルターにはフィルターの強度だけでなく、コントラストや輝度も調節できるので、より柔軟に仕上がりを調整することができます。

また、風景だけでなく人物用のモードも備わっているので、人の顔が影になった写真でもある程度までなら修正することができます。

Snapseed」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5