ウェアラブルネックスピーカーの素晴らしさを紹介(シャープAN-SS1のレビューも)

投稿日時 4月 28th, 2019 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ブログ
コメントは受け付けていません。



約 2 年前から登場し始めてここ最近で種類もだいぶ増えてきた 「ウェアラブルネックスピーカー」 を私も本格的に使い始めたのですが、これがまた良くて、本記事ではネックスピーカーの素晴らしさをお伝えしたいと思います。

私が購入したのは、シャープ製の 「AQUOS サウンドパートナー AN-SS1」 なので、記事は AN-SS1 のレビューを兼ねています。

AN-SS1 は 2018 年 10 月に発売された AQUOS サウンドパートナーシリーズの中でも初期のモデルになりますが、重さがわずか 88g とネックスピーカーの中ではとても軽いモデルで、その軽さゆえ一日中使用していても首や肩が痛くなることはほぼ無く、まさにウェアラブルに適した製品だと言えます。




ネックスピーカーのどこが良いのかというと、耳をふさぐことなくサラウンドサウンドに近い比較的優れた音質で音楽や動画を視聴できる点です。耳を塞がないので周りの人と会話できますし、自宅ではピンポンの音にもすぐに気付けます。

低音の響きや没入感といった評価軸だとやはりヘッドホンやイヤホンに軍配が上がるものの、ネックスピーカーでもそこそこのいい音なので、音質にさほど拘りがなければネックスピーカーをおすすめしますよ。

AN-SS1 の場合、スピーカーは左右の首筋に位置する部分に搭載されており、ちょうど頭の左右から音が聴こえてくるような音の響きです。耳を塞がないスピーカーなので、音量を上げれば音は当然周りに漏れてしまいますが、やや指向性のあるスピーカー構造の為、音量を小さくすれば音は殆ど周りに漏れません。




AN-SS1 はハンズフリー通話に対応しており、首元のボタンを押すと着信に応答したり電話を切ることもできます。また、Pixel Buds みたく完全な Google アシスタント対応機器ではありませんが、AN-SS1 の通話ボタンを押せばスマートフォンの Google アシスタントを呼び出すことができるので、音声である程度スマートフォンを操ることもできます。




私は AN-SS1 を手に入してからというもの、ほぼ毎日のように AN-SS1 を首からぶら下げて生活するようになりました。一日中身に着けているとスマートフォンの音楽アプリを以前より使用するようになりましたし、スマートフォンの通知音や着信音なども聞き逃さなくなりました。音自体もスマートフォンの内蔵スピーカーより高音質なので、映画や YouTube 動画の視聴体験なども向上した気がしています。生活の質がちょっと上がったような印象です。そうしてくれるのが AN-SS1 のようなネックスピーカーだと思います。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5