世界最小の8K 360カメラ「Kandao QooCam 8K」が登場

投稿日時 1月 11th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, 周辺機器・アクセサリー
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



Kandao が世界最小の 8K 360 カメラ「QooCam 8K 360 Camera」を発表しました。QooCam 8K の価格は 67,100 円で、国内では 1 月末に発売される見込みです。

最近の個人向け 360 カメラは高画質化が進み今や 4K は当たり前。一部は 5.7K をサポートする製品も見られますが、そんな中 8K という 4K より 4 倍の解像度で撮影できる「QooCam 8K」が登場しました。

QooCam 8K は 200 度の広角レンズを持つ 1/1.7 インチのカメラユニットが対になっており、360 動画を 8K@30fps や 4K@120fps のフォーマットで撮影することができます。本体には大きな 2.4 インチのタッチスクリーンが搭載されており、本体は他の 360 カメラよりも少し大きくなっていますが、QooCam 8K もちゃんとポケットに収まるので携帯性は良好でしょう。

空間の全方向を撮影できる 360 カメラでは写真や動画の好きな部分を切り出して通常フォーマットの写真や動画として再利用できることから、個人的にも 360 カメラは色んな場面で使っています。QooCam 8K では切り出した写真や動画であっても従来の 4K や 5.7K カメラより高い解像度のまま利用でき、そういう面に私は期待を寄せています。

QooCam 8K はただ解像度の高いイメージセンサーを備えているだけではありません。例えば、SuperSteady と呼ばれる強力な手ブレ補正機能、HDR 写真の撮影機能、長時間露光機能、マニュアルモード(ホワイトバランス / シャッタースピード / ISO)、120fps での 4K スローモーション機能、AI Slow と呼ばれハイライト部分を 4K@960fps の超スローにする機能を搭載しており、他の 360 カメラにも見劣りしない魅力的な製品に仕上がっています。

さらに、QooCam 8K は Google ストリートビュー対応のカメラに認定されていますし、30MP のパノラマ写真を 12bit RAW で撮影することもできます。

バッテリーの持ちは最大 45 分間の動画撮影が可能とされており、最大 256GB の Micro SD カードをサポートしています。

Android と iOS 向けに提供されている QooCam アプリを使えばカメラをリモート制御したり、テンプレートを用いてハイライトムービーを作成することができます。

また、PC 向けの QooCam Studio ソフトを利用すると 360 写真・動画のパッチ処理(三脚や持ち手の部分を隠す修正機能)を施したり、AI Slow のハイライト部分を変更したり長さを調整するような編集が可能です。

Source : Kandao

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5