キヤノン、8K動画対応の「EOS R5」を年内発売

投稿日時 2月 13th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。



キヤノンは 2 月 13 日、EOS R シリーズの次世代モデル「EOS R5」と新しい RF レンズの開発を進めており、2020 年中に発売する予定だと明らかにしました。。

EOS R は新しいマウントシステム「RF マウント」を採用したミラーレス機で、これまでに 3 モデルが投入されていますが、今回の EOS R5 はキヤノン曰く「EOS R システムの次世代ミラーレスカメラ」として既存モデルのメジャーアップデート版という位置づけとなる模様です。

スペック等の詳細はまだ公表されていないものの、公開された特徴を見る限り、EOS R5 は初代 EOS R の後継モデル、EF マウントの EOS 5D の RF マウントバージョンといったモデルとなるようです。

キヤノンによると、EOS R5 は新開発のイメージセンサーを搭載しており、電子シャッターで最高 20 コマ/秒、メカシャッターで最高 12コマ/秒の高速連写、8K 動画撮影、ボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正の協調作動による強力な手ブレ補正、デュアルスロット、2020 年 4 月上旬に開始予定のクラウドサービス「image.canon」への自動保存などに対応しています。

これらの情報だけでも EOS R5 は EOS R シリーズの最上位モデルとなることは間違いありません。私は一眼カメラで頻繁に動画を撮影しているので、個人的には 8K 動画機能に注目しています。

また、新レンズとしては 100-500mm F4.5-7.1 L IS USMとこれに適合するテレコン RF1.4× & RF2× の 3 製品です。ようやく超望遠域に対応したレンズが投入されるようですね。

なお、2 月 27 日 ~ 3 月 1 日にパシフィコ横浜で開催される CP+ に今回発表された開発中の新製品が出展される予定です。

Source : キヤノン

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5