Galaxy S20では96Hzのリフレッシュレートも設定可能

投稿日時 4月 2nd, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Samsung の最新フラッグシップスマホ「Galaxy S20」には 96Hz という公開されていないリフレッシュレートのオプションが存在します。

Galaxy S20 の特徴は 120Hz のリフレッシュレートをサポートしている点です。これは通常の 60Hz より 2 倍多く画面表示を更新するので、120Hz に切り替えると画面の動きはより滑らかになります。しかし、リフレッシュレートが高いとディスプレイの電力消費も増大することもあり、現行のファームウェアにおいて 120Hz に設定できるのは解像度 FHD+(2,400 x 1,080)までとなっています。

96Hz のリフレッシュレートは 60Hz の 1.6 倍、この値でも画面の滑らかさは 60Hz 時から格段に向上し、バランスの良い電力消費と滑らかさを実現できると期待されますが、現状、Galaxy S20 の設定メニューにこの値はありません。

ではどのようにして 96Hz が見つかったのかというと、それはシェルで「dumpsys display」コマンドを実行したところ、1,600 x 720 ピクセル HD+ の解像度に未公開の 96Hz の記載が確認されました。ちなみに、96Hz だけでなく、48Hz のリフレッシュレートも発見されています。

このうち、96Hz のリフレッシュレートについては非公式ではありますが、強制的にリフレッシュレートを 96Hz に変更するアプリ「Refresh Rate Controller」が配布されており、簡単に 96Hz を有効化できます。アプリをインストールすると 2 つのクイック設定タイルが追加されるので、タイルをタップするだけで 96Hz が有効になります。

実際に手元の Galaxy S20+ でアプリを試したところ、ちゃんと 96Hz に設定されました(上図をご覧ください)。この時、画面の動きは Pixel 4 XL に近い滑らかさだったと思います。

Source : XDA

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5