東京都狛江市がHOYA MW10 HiKARIを日常生活用具に認定!しかも1割負担の神対応!

投稿日時 4月 16th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



不定期にお届けしている夜盲症の方の為の暗所視支援メガネ「HOYA MW10 HiKARI」に関する新着情報です。東京都の狛江市が今年 4 月より MW10 を「日常生活用具」の給付対象に認定し、同市に住民票を置いている方ならなんと、たったの 1 割負担で購入できるようになりました。

昨年の熊本県天草市を皮切りに MW10 の購入を補助する取り組みが徐々に全国へと広がっており、今では千葉県千葉市、埼玉県鶴ヶ島市、東京都新宿区も MW10 を日常生活用具に認定しています。

日常生活用具とは、全国の市区町村が主体となって障害者手帳等の交付を受けた人の日常生活に必要な機器や用具の購入を補助または貸与する支援制度のことです。

MW10 も狛江市が実施している支援制度の対象アイテムに認定されたわけなのですが、嬉しいことに、同市では国が認定する「補装具」と同等の 1 割負担コースの日常生活用具となっているのです。

つまり、MW10 の定価は 395,000 円なので、対象者は実質 39.500 円 + 税で MW10 を購入できるということです。新宿区や千葉市の支援制度だと購入者は 5 割を負担しなければならないので、今回の狛江市の判断は神対応だと評価できます。

なお、給付の対象者は身体障害者手帳の交付を受けた視覚障害を持つ方と、夜盲や視野狭窄などの難病疾患の認定を受けた方で、申請窓口は狛江市の福祉相談可支援係となっています。

参考までに MW10 の実力が分かる写真(福岡・西新商店街)を紹介します。裸眼だと路上の様子は殆ど分かりませんが、MW10 を装着すると道路脇の建物の構造だったり商店街を行き交う人々の人影が見えてくるようになります。もちろん効果はユーザーの視力に左右されるので、一概に写真のような見え方に改善されるわけではありません。この点はご注意ください。



Source : 東京都狛江市ホームページHOYA MW10 公式サイト

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found