「HTC Sensation」を正式発表、Qualcomm MSM8260デュアルコア1.2GHz、4.3インチqHDディスプレイ搭載(更新:動画を追加)

投稿日時 4月 12th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


HTCは4月12日、英国ロンドンで開催したプレスイベントにおいて、デュアルコアCPUを搭載したAndroidスマートフォン「HTC Sensation」を正式に発表しました。コードネーム”Pyramid”として知られる端末です。

SensationはDesire HDと同じ4.3インチサイズのディスプレイを搭載していますが、qHD(960×540ピクセル)と解像度が高くなっています。画面の縁に沿って湾曲した表面パネルを、スマートフォンの中ではSensationが初めて搭載するそうです。

チップセットはQualcommの第三世代SnapdragonであるMSM8260 デュアルコア1.2 GHzを搭載しています。

OSはAndroid 2.3(Gingerbread)、UIはHTC独自「HTC Sense 3.0」を搭載しています。詳細な仕様は以下の通りです。

Desire HDより若干大型化しているものの、Sensationの方が薄く、さらに164g→148gと16gほど軽量化しています。にも関わらず、バッテリー容量が1,230mAh→1,520mAhとアップしています。

3Gは、米T-MobileのAWSバンドにも対応していると掲載されています。T-Mobile向けには「HTC Sensation 4G」として投入されるようです。

Sensationは2011年Q2中に欧州およびアジアで販売が開始されます。5月中旬よりVodafoneが欧州の広い地域で販売を開始し、他のキャリアは6月に販売を開始すします。




  • OS:Android 2.3.3(Gingerbread)
  • UI:HTC Sense 3.0
  • サイズ:126.1mm(H) x 65.4mm(W) x 11.3mm(D)
  • 重さ:148g
  • ディスプレイサイズ:4.3インチ、qHD(960×540)
  • ディスプレイ:S-LCD、静電容量式、マルチタッチ対応、ゴリラガラス採用
  • チップセット:Qualcomm MSM8260 デュアルコ1.2GHz
  • GPU:Adreno 220
  • メモリ:768MB
  • ストレージ:1GB(ユーザ領域)
  • 外部メモリ:32GBまでのマイクロSD/マイクロSDHC
  • リアカメラ:800万画素、デュアルLEDフラッシュライト
  • フロントカメラ:30万画素
  • 対応周波数:GSM(850/900/1800/1900 MHz)、WCDMA(900/AWS/2100 MHz)、HSDPA 14,4Mbps、HSUPA 5.76Mbps
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0(AVRCP, GAP, GOEP, HFP, HID, HSP, MAP, SPP, SDAP)
  • 外部端子類:マイクロUSB(MHL対応)、3.5mmオーディオジャック、ボリュームボタン
  • センサー類:ジャイロ、加速度、ライト、近接、GPS
  • バッテリー:1,520mAh
  • 連続待受時間:400時間(3G)、350時間(GSM)
  • 連続通話時間:400分(3G)、495分(GSM)
  • Flash Player 10.2対応
  • 1080pフルHD動画の撮影/再生に対応
  • DLNA対応
  • FMラジオ搭載
  • HTC Watch対応(TV番組や動画をレンタル・購入して視聴できるサービスで、HTC Senseに機能が統合されています)
Source : HTC

更新1:通知ランプあり。搭載ROMのサイズは4GBですが、1GBしかユーザ領域として割り当てられていません。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5