Shuttle、年内に15.6インチタッチスクリーン搭載デスクトップ型Androidタブレットを発売

投稿日時 6月 11th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



PC・ベアボーンの台湾ShuttleがAndroidを搭載したデスクトップ型タブレットを年内までに発売する予定を明らかにしたそうです。

伝えられている計画では、まずは特定業界の法人向けに自社ブランドで投入、将来的に家電量販店での販売も視野に入れているそうです。国内でも発売されるのかどうかは不明です。

最終的なスペックは決まっていないそうですが、今のところ15.6インチタッチスクリーン、ARMベースのプロセッサーを搭載し、キーボードによる操作にも対応するという。

Shuttleは先週台湾で開催されたComputexで10.1インチWXGA(1,280×800)ディスプレイのN10CN12、9,7インチXGA(1,024×768)ディスプレイのN09CN01、8インチSVGA(800×600)ディスプレイのV08CT01といった主にOEM供給されるタブレットを展示していましたが、今回の製品は展示されなかったとのこと。

Source & Img : BCN

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5