Pantech、米AT&Tにデュアルコア1.5GHz CPUを搭載するHoneycombタブレット「P4100」を投入?

投稿日時 9月 23rd, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NenaMarkに「PantechP4100」を名乗る端末の情報が登録されています。

登録されている情報によると、OSはAndroid 3.2、SoCはAdreno 220をGPUとした1.5GHz駆動のCPUのもの(MSM8x60?)、画面解像度はタブレットでは珍しい1,024×720ピクセルで、米AT&T向け端末であることが分かります。珍しい画面サイズのHoneycombタブレットを米AT&T向けに準備しているのかもしれません(上記は偽装された情報である可能性もあります)。

「P4100」はWi-Fi Allianceの認証を通過しています。認証情報によると、IEEE規格ではIEEE802.11a/b/g/n(デュアルバンド)に対応します。また、”Mobile AP”としても認証を受けていることから、3G(4Gも?)に対応すると思われます。

Source : NenaMark

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5