HT-03AにDwang v1.9カスタムROMを入れてみた

投稿日時 10月 22nd, 2009 by juggly 投稿カテゴリ » カスタムROM
キーワード:
コメントは受け付けていません。

巷では軽量・高速動作で知られる「Dwang」のカスタムROMのv1.9があったので早速HT-03Aに入れて使ってみました。

[ROM][32B/Dream][Oct18][Dwang][Android 1.6 compcache 107megs RAM tether][v1.9]

dwan01
xda-developersのページにアクセスして、カスタムROMの概要を確認してみると機能的にも結構よさげな感じのROMですね。

1. Compcache enabled by default (no backing swap, just straight compcache)

2. Memory hack which gives you 107.5 megs of linux system memory

3. ROM works with both mt3g (32b) and g1 (dream).

4. Root enabled

5. Market should be fully working

6. Busybox

7. Loccy’s enhanced Browser v1.5 with MT

8. Netfilter and iptables modules added to the kernel. Wifi tethering works with both “aNetShare” and “android-wifi-tether” apps.

9. Launcher with 5 screens

10. Apps2SD for G1/Dream users [may need to format /system/sd (/dev/block/mmcblk0p2) partition if getting black screen]

11. Work Email App (Exchange Support)

12. userinit.sh support in /sdcard directory

13. All built-in apps optimized with zipalign and optipng

実際に使ってみた感想なのですが、

サクサクしてる!の一言です。

さすがDwangのカスタムROM!

個人的に、dcomo純正のROM(HT-03Aデフォルト)が一番動作的に速いと感じていましたが、今回のDwangカスタムROMはそれと同等またはそれ以上の快適度です。

UI、ロケールなど日本語には対応しておらず、設定画面などは英語のままですが、ある程度の言語対策は「MoreLocale」をインストールして日本語化できますので大した問題ではないでしょう。

あ、言い忘れましたが、もちろんAndroid 1.6 donutです。メモリハックされてるし、マルチタッチ対応だし、root、busybox入っているし・・・。

これまで使ってきたAndroid 1.6カスタムROMの中ではCyanogenModよりも快適に使えています。

とりあえずドコモがAndroid 1.6 donutへのアップデートを出すような話も出ているので、それまではこのDwangROMを使っていこうと思います。(ほかのROMも試すかも知れませんが・・・)

Benchmark

  • Graphic:115.3 130.4
  • CPU:164.7
  • Memory:117.8
  • Filesystem:31.9

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found