YouTube Leanback専用リモコンをAndroid上で作ってみた

投稿日時 7月 10th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。

昨日から公開されているYouTubeのテレビ向けインタフェース「Leanback」ですが、その操作をAndroid端末のタッチパネルだけを使って操作できるように専用リモコンを作ってみました。(やや難ありですが・・・)





YouTube Leanbackはどうやら動画を大画面モニタやテレビに表示して、リモコンなんかを使って操作することを想定したものに思えるのですが、今のところはPCのキーボードの「↑」「↓」「←」「→」「Enter」キーを使ってしか操作できません。マウスは使えませんよ。



肝心のリモコンがないのでAndroidを使ってLeanback用のリモコンを作ってみました。

今回Leanback用のリモコンを作成するために使ったAndroidアプリは「gPad」で、gPadというのはAndroidのタッチパネルをマウス、キーボード代わりに使える機能、そのほか各用途に合わせて提供されているリモコンを利用することができます。それ以外にPCキーボードに割り当てられている機能を好きなように組み合わせて自分専用のオリジナルリモコンを作成する機能があります。

今回はそのオリジナルリモコンを作成できる機能を使ってLeanback用のリモコンを作成したわけです。出来上がりは次の図のような感じのもの。



最低限、Leanbackを操作するには「↑」「↓」「←」「→」「Enter」キーがあれば良いので、それらをgPad上で再現させただけです。大したことではありません。

しかし、今回作成したリモコンには文字を入力する機能を入れてないので簡単に動画を検索することはできません。それでは作成手順を簡単に紹介します。

1.PC、AndroidにgPadアプリをインストール
まず、http://www.gpad.mobi/content/en/setupにアクセスし、Windows用、Mac用それぞれサーバソフトをダウンロードし、インストールします。また、AndroidにもAndroidマーケットからgPadをインストールしてください。

2.PCに入れたサーバソフトを起動させます。起動させるだけでOK。Android側でもアプリを起動し、「eDitor」をタップします。



3.「menu」キーを押し、「Insert」をクリックします。



4.画面上をタップすると、「Insert button」というメニューが表示されますのでそれをタップ。



5.配置するボタンの名前や動き、大きさなどをこの画面で設定していきます。



今回は簡単にできるように最低限の設定だけ紹介します。

  • Button Text:ここにパッド上に表示する名前を入力。(例:Enter)
  • Image Button:チェックを外す
  • Key Sequence:ボタンをタップした時の挙動をリストから選択します。(例:リストから「ENTER」を選択)
  • Button Width:ボタンの幅をピクセル単位で入力(例:200)
  • Button Height:ボタンの高さをピクセル単位で入力(例:200)


こんな感じでボタンが作成されます。配置する位置はドラッグアンドドロップで調節できます。同じ要領で「↑」「↓」「←」「→」も作成します。

6.出来上がったらボタンに名前をつけ、「Save gPad」をタップして保存します。



以上で完了です。

gPadトップページに戻り、「gPads」をタップすると先ほど作成したリモコンが表示されますのでそれをタップすればYouTube Leanbackを操作することができます。

AndroidとPCのペアリングを行っていない方は、「sEtting」→「Scan」をタップして表示されたPC名をタップすれば接続完了。すぐに作成したオリジナルリモコンが利用できます。

しかし、gPad無料版だと今回作成したオリジナルリモコンを含めて全てのリモコンは一日15分間しか使うことが出来ません。有料版にアップグレードすれば無制限で利用できるのですが%$1.99かかります。こんな制限さえなければ・・・と思ったのえすが、そのうちどなたかがYouTube Leanback用のリモコンアプリを作成してくれると思うのであまりガッカリする必要はないと思いますよ。

また、gPad以外にもgmoteなどのアプリが合って、Simejiなどではカーソルキーも使えるのでもしかしたら!!と思ってgmote+Simejiで試してみたのですが、カーソルキーによる操作が出来ませんでした。「Enter」キーはちゃんと反応しますけどね。

さらに、もしかするとIS01やスライドQWERTYキーボード付きの端末だとソフトキーによるカーソル不動問題はクリアされるのではないかと思ってgmote+IS01で試してみたのですが、こちらもやっぱりカーソルキーが反応しませんでした。

今回試したアプリや端末以外だったらYouTube LeanbackをAndroidで操作できるかもしれないので、もし発見された方がいらっしゃれば教えてください。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5