ルーティンワークに最適なAndroidアプリ「Smart Pad」

投稿日時 7月 21st, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » 未分類
コメントは受け付けていません。

Androidスマートフォンをお使いの方は既にAndroid標準で提供されるウィジェットやショートカット、フォルダを画面に配置したり、自分の利用シーンに合ったアプリを使ったりしてAndroidを自分仕様にビルドアップしていると思います。

今回紹介する「Smart Pad」を利用すれば、よく電話をする相手のショートカット、良く利用するAndroidアプリ、ブラウザのブックマーク、各種電源管理(Bluetooth、GPSなど)をひとまとめにして端末上部の通知バーにランチャーとして配置することができ、あなたのルーティンワークをさらに高速化、効率化してくれることでしょう。

まず、Smart Padを起動し各種設定を行います。


  • Contacts:よく電話をかける相手の連絡先
  • Applications:よく使うAndroidアプリ
  • Toggles:よく設定変更する電源管理項目
  • Websites:よく閲覧するWEBサイト(ブラウザのブックマーク)
各項目において、3つ選んで配置することができます。(有料版だと無制限で配置することができます。無料版はそれぞれ3つまで配置可能)

ただよく使うものにチェックを入れるだけです。



各項目について設定したらSmart Padホーム画面に戻り、「Settings」をタップします。そして、「「Status bar shortcut」」がOFFであればONにします。



すると、端末上部の通知バーに「S」マークの付いたアイコンが表示が表示されます。引っ張り出して「Smart Pad Launcher」をタップすると、



こんな感じで良く利用するアプリやブックマーク、設定、連絡先をすぐに利用することが出来ます。結構便利です。何かあれば通知バーから引っ張りだしてメニューを表示する・・・そういう動きには慣れているでしょうからすぐに使いこなせるはずです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5