HTC Desire HDに搭載されているQualcomm MSM8255って?

投稿日時 9月 19th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。

今月15日にロンドンで開催されたHTCの新製品発表プレスカンファレンスにおいて、『HTC Desire HD』と『HTC Desire Z』が発表されたわけですが、Desire HDに搭載されているSoC「MSM8255」のことが良く分かっていなかったので少し調べてみました。

MSM8x55は、QualcommのSnapdragonシリーズでは第2世代に位置するもので、MSM8x55のほかに1.3GHzで駆動するQSD8x50Aがラインアップされています。一応同じ世代のSoCとして800MHz~1GHz駆動のSoC「MSM7x30」もラインアップされています。MSM7x30ではMSM7230がDesire Zに搭載されていますが、QSD8x50Aを搭載したスマートフォンはありません。

つまり、MSM8255を搭載したDesire HDがDesire Zよりもハイスペックで、同じSnapdragonを搭載したものの中では最新のSoCを搭載しているということになりそうです。

MSM8255はGSM, GPRS, EDGE, UMTS/WCDMA, HSDPA, HSUPA, HSPA+ネットワークに対応し、GPUはAdreno 205を搭載しています。

Adreno 205は第1世代Snapdragon(QSD8x50)に搭載されているAdreno 200よりも3~4倍ほど性能が高いとされています。

ちなみに、第3世代Snapdragon(MSM8x60、QSD8672)にはAdreno 220が搭載されておりさらに5倍ほどの性能が高いとされていますが、まだそのSoCを搭載した端末は確認されていません。2011年以降に持ち越しになる化も知れません。

Qualcomm

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found