Xperia Z2に硬度9Hの強化ガラスパネルを貼ってみた

投稿日時 5月 20th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。



Xperia Z2の海外モデル(D6503)に硬度9Hの強化ガラスパネルを貼ってみました。

Xperia Zシリーズでは前後に強化ガラスを用いたフラットデザインを採用しているため、本体前後に保護フォルムや強化ガラスパネルを貼る方が多いかと思います。Xperia Z2も既存モデルに似た筐体仕様なので、もうすぐ発売される国内版に貼ろうとしている方は多いと思います。

今回貼ったのは貰いものです。メーカーはどこかよくわからない中国メーカー。硬度9Hということもあって、厚みも1円玉の3分の2程度と厚めでした。これなら液晶をしっかりと保護してくれそうです。



貼り方は液晶保護フィルムと同じです。次の写真は貼った後の状態(結構うまく貼れました)。エッジを見ればガラスパネルの厚みを把握できると思います。



Xperia Z2の場合、側面のフレームが液晶から若干浮いています(裏面もそうです)。指でエッジに触るとフレームがわずかに盛り上がっている感触を受けると思いますが、このガラスパネルを貼るとその厚みがプラスされ、パネル-フレーム間の凹凸が無くなったように感じます。個人的に、裏面はこのフレームの出っ張りが持ちやすさを悪くしていると思うので、裏面にはやや厚めのガラスパネルを貼ると、出っ張りの問題が解消され、操作しやすくなると思います(別の言い方だと、より手にフィットするようになると思います)。



ガラスパネルは液晶フィルムに比べて厚いこともあり、表示が滲んだり、暗くなったりして見づらくなることも考えられますが、今回使用した中国製ガラスパネルの場合、貼る前後でそのようなことはほとんど感じませんでした。この点は製品によって変わってくると思いますが・・・。



実は、私がスマートフォンにガラスパネルっていうものを貼ったのは今回が初めてです。これまでになぜ使わなかったのかというと、それは厚くて表示が見づらくなって、タッチもしづらくなるのでは?という先入観を持っていたからです。しかし、今回、Xperia Z2に貼ってみて、それが偏見だったということに気づきました。思ったほど見づらくなったりせず、タッチ感度も劣化しない。むしろ、ガラスパネルの表面コーティングでタッチする際の感触が良くなって貼って正解だったと思いました。ちなみに、ガラスパネルを調達する場合は、指でエッジを引っかけてガラスパネルが剥がれたりしないよう角を落とした加工の施されたものを選択しましょう(大抵のものはそうなっていると思いますが・・・)。