NTTドコモ、LTEサービス「Xi(クロッシィ)」を12月24日より開始することを発表

投稿日時 11月 8th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。

NTTドコモは11月8日、3.9Gと呼ばれる次世代通信技術「LTE」を使ったサービス「Xi(クロッシィ)」を、12月24日から関東、関西、名古屋の一部の地域から開始することを発表しました。

Xi(クロッシィ)サービスエリアのほとんどでは、下り最大37.5Mbps/上り最大12.5Mbps(一部の屋内では下り最大75Mbps/上り最大25Mbps)という通信速度を叩き出します。従来のサービスよりも比較的高速で遅延も少なくなるという。サービスはベストエフォート型なのでいつでも上限MAX速度で通信できるわけではありません。

もちろんXi(クロッシィ)対応エリア外では、既存のFOMAネットワークで通信が可能となります。

Xi(クロッシィ)対応製品

サービス開始直後は、本日発表されたLG製L-02C(USBスティックタイプ)、富士通製F-06C(Express Card)の二つのデータカードにおいて利用可能となります。L-02Cの発売は12月、F-06Cの発売は2011年4月となっておりサービス開始直後はL-02Cの1択です。2011年後半には音声端末も投入される予定(スマートフォン)とのこと。

両端末共にXi(クロッシィ)およびFOMAハイスピード、FOMAプラスエリアに対応していますので、エリア外でもちゃんと使えます。

Xi(クロッシィ)の料金プラン

Xi(クロッシィ)を利用するには、Xi(クロッシィ)対応ISP+データ通信プランが必要です。
ISPはmopera U(ライト、スタンダード)、データ通信プランは「Xiデータプラン」、「Xiデータプランにねん」が選択できます。データプランはそれぞれ2年縛りがあるか、ないかの差で料金が若干変わってきます。

  • Xiデータ通信プラン:2,470円~7,980円(5GBまで)
  • Xiデータ通信プランにねん:1,000円~6,510円(5GBまで)
5GBを超えると、それぞれ2GBごとに2,625円加算されていきますが、サービス開始から2012年4月30日までの間キャンペーンとして
  • Xiデータ通信プラン:2,470円~6,405円
  • Xiデータ通信プランにねん:1,000円~4,935円
で使い放題となります。これは、サービス開始直後はサービスエリアが狭いことに対する配慮だと言われています。

Xi(クロッシィ)サービスエリア
  • 2010年12月~:東京23区の一部、神奈川(横須賀市の一部)、千葉(成田市の一部)、愛知(名古屋市・常滑市の一部)、大阪(大阪市・豊中市・池田市・泉佐野市・泉南市の一部)
  • 2011年度:全国県庁所在地級都市へ拡大
  • 2012年度:全国主要都市へ拡大
と拡大していく予定だそうです。福岡で利用できるのは2011年~2012年くらいなんでしょうねぇ。

Source:NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5