KDDIが同社100%子会社となるMVNO事業者「KDDIバリューイネイブラー」を設立、外部企業による携帯回線の販売を容易に

投稿日時 8月 30th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


KDDI は 8 月 29 日、同社の携帯回線を利用した MVNO サービスを提供する同社 100% 子会社の新会社「KDDI バリューイネイブラー株式会社(KVE)」を設立したと発表しました。

KVE は KDDI 傘下の MVNO 事業者で、KDDI の携帯回線を自社ブランドの下で提供したいと考える外部企業(パートナー)向けに回線を提供します。

KVE の設立以前でも KDDI 回線で MNVO サービスを提供することは可能でしたが、それには、KDDI と直接契約を交わしたり、KDDI の回線と接続するなど、設備を持つ必要もあって通信事業者以外が参入することは困難です。

KVE は私のようなエンドユーザーではなく、KDDI の携帯回線を自社ブランドの下で提供したいと考えている企業にサービスを提供することを商売にしています。

専用の設備を持った KVE が KDDI との仲介役となるので、外部の企業は KVE とパートナーになることで、設備を持たなくても KDDI の回線を自社ブランド化して販売できるようになります。

これによって、通信事業者以外の業種の企業でも以前よりも容易に携帯回線を販売できるようになるというわけで、今後はより多くの企業から様々なサービスが提供されるようになり、スマートフォン市場がさらにベリエーションに富んだものになると予想されます。

Source : KDDI

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5