QualcommのデュアルコアCPUを搭載したタブレットが2011年のCESで複数発表される?

投稿日時 11月 14th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。

Qualcommのスマートフォンやタブレットと言ったモバイル向けSoCで、デュアルコアCPUを搭載したものはいくつか発表されていますが、まだそのSoCを搭載した製品は一般消費者向けには発売されていません。しかし、Qualcommの取締役副社長兼グループ社長のSteven Mollenkopf氏は、2011年1月に開催されるCESにおいて、それを搭載した端末がいくつか発表されるだろうと2011年Q3の決算説明会でコメントしていたそうです。

Steven Mollenkopf氏によると、現在そのデュアルコアCPUを搭載したSoCを使ってタブレット端末を開発しているメーカーが10社ほどあるそうです。そのSoCを搭載した端末がどういったプラットフォームを採用しているのかは明らかにされていません。

デュアルコアCPUを搭載したSoCと言えば既にNVIDIAのTegra2を搭載したものタブレットが複数製品化され、既に販売までされているのですが、Qualcommの話によると、噂のHoneycomb(Android 3.0)を採用したタブレットは全てTegra2が使われているそうです。

全てがTegra2ということは、もしかするとHoneycomb入りのQualcommのSoCを搭載したAndroidタブレットはCESでは発表されないのではないか・・・と思ったりしています。AndroidではなくChrome OSだったりして。

Via:Android and me

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found