Samsung、2015年のスマートTVでTizen OSを採用

投稿日時 1月 2nd, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Samsung は 1 月 1 日、同社の公式ブログを通じて元々はモバイル向けの OS だった「Tizen(タイゼン)」を 2015 年のスマート TV 製品で採用することを発表しました。Tizen を搭載したスマート TV は CES 2015 イベントで披露されます。


Tizen は Samsungらが主導で開発している Linux ベースのオープンソース OS。Android、iOS に続く第三のモバイル OS になるか、とも見られており、「Samsung Z1」という Tizen を搭載したスマートフォンが先に発表されると思いきや、スマート TV にも搭載されて、しかも先に発表されました。


まるで Google が主にスマートフォン・タブレット向けに Android を提供し、テレビ向けに Google TV や Android TV を提供していることに似ています。今度はそこをキャッチアップしていくつもりなのでしょうか。


スマート TV に Tizen が搭載されることで、ユーザーインタフェースの刷新、モバイル端末との連携強化、ゲーム機能やコンテンツの大幅拡充の点で進化したと言われています。

注目のモバイル端末との連携については、例えば、Bluetooth でモバイル端末と自動的に接続することができて、それぞれの機器に保存されたコ​​ンテンツをワンクリックで共有することや、「Briefing on TV」機能によってモバイル機器のアラーム設定に合わせて決められた時間にスマート TV の電源が ON になり、時刻や天候、スケジュール情報をテレビ画面に表示できるようになるとされています。


Android TV でもゲーム機能は大幅に強化されましたが、Tizen 版スマート TV では、ゲームコンテンツの拡充のほか、クラウドゲームサービスやモバイル向けゲームを利用、マルチスクリーン機能も搭載しているとされています。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5