LG製でNTTドコモ向けのHoneycombタブレット「Optimus Pad L-06C」について

投稿日時 12月 9th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

今週はAndroid 2.3(Gingerbread)とそれを搭載したNexus Sが発表され、さらにその翌日にはAndy Rubin氏がMotorla製のHoneycombを搭載したタブレットを使ってモバイルGoogleマップ5.0などのデモをしたりと今週は新しいAndroidとそれらを搭載した端末の話で盛り上がっていますね。それに追い討ちをかけるつもりでもないのですが、ここでLGが準備していると噂されているAndroidタブレット「Optimus Pad」について情報が出てきましたので紹介したいと思います。

LGが2011年早々に8.9インチ、Tegra 2、Honeycomb搭載と言ったAndroidタブレットを海外市場に投入することは以前のニュースなどによる報道から明らかになっていますが、匿名希望さんによると、LGはNTTドコモ向けにも「Optimus Pad L-06C」というAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載したタブレットを準備しているらしく、そのキャッチフレーズは、

”フルエンタメを持ち歩く、究極のモバイルAVタブレット”

Optimus Pad L-06Cの主な仕様は、

  • OS : Android 3.0(Honeycomb)
  • CPU : NVIDIA Tegra2 T250 1GHz
  • ディスプレイ:約8.9インチWXGA(1280×768)、マルチタッチ10点認識
  • ストレージ: 32GB
  • メインカメラ : 5MP 3Dカメラ
  • バッテリー : 6,400mAh
  • スピーカー : ステレオスピーカー
  • 重さ : 620g (iPadより110gほど軽い)
  • その他 : HDMI出力
で、発売時期は2011年3月ごろを予定しているとのこと。逆にL-06C発売前にAndroid 3.0(Honeycomb)が正式発表されることになりますね。

NTTドコモ向けにもLG製のHoneycombタブレットが投入されるという話は以前の日記でも紹介済みで、L-06Cは恐らく海外モデルと共通仕様のキャリアモデルということになるのではないでしょうか。

Thank you!匿名希望さん

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5