MWC 2011:Sony Ericsson、プレステ携帯「Xperia PLAY」を正式発表(仕様情報追加)

投稿日時 2月 14th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, Android端末情報, MWC 2011
コメントは受け付けていません。

Sony Ericssonは2月13日、プレステ携帯「Xperia PLAY」を正式に発表しました。半年に渡って噂で伝えられてきたプレステ携帯(スマホ)がようやく発表されましたね。

Xperia PLAYは4インチFWVGA(854×480)サイズのディスプレイ、1GHz Snapdragon MSM8x55、5.1MPリアカメラ、フロントカメラ、そしてゲームプレイでの利用に特化したスライド式コントローラーを備えるAndroidスマートフォン。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)です。仕様は以下の通りで対応周波数ごとに3タイプ、2カラー用意されています。GSM/WCDMA版の他、CDMA版もあります。R800aではWCDMA800MHzにも対応しているようですが、日本で発売されるということではありませんのでご注意ください。

また、Xperia PLAYには、Sony Computer Entertainmentが端末メーカー対して提供を開始したライセンスプログラムによる「PlayStation Certified」というを取得しており、今後提供される予定のPSゲームの利用にも最適化されていることになります。

発売時期は、特定の市場で2011年3月となっています。米Verizonは2011年春にCDMA版を発売する予定とのこと。
  • OS:Android 2.3(Gingerbread)
  • サイズ:119 mm(H)x 62mm(W)x 16mm(D)
  • 重さ:約175g
  • ディスプレイサイズ:4インチ、解像度854×480(FWVGA)
  • ディスプレイ:TFT LCD、16Mカラー
  • チップセット:Qualcomm MSM8x55 1GHz Snapdragon
  • GPU:Adreno 205
  • メモリ:512MB
  • ストレージ:1GB
  • マイクロSD:32GBまで対応(標準8GB同梱)
  • リアカメラ:5.1MP、480p
  • フロントカメラ:0.3MP
  • 対応周波数R800i:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(900/2100)
  • 対応周波数R800a:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(800/850/1900/2100)
  • 対応周波数R800at:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(800/850/1900/2100)
  • 対応周波数Z1i:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(900/2100)
  • 対応周波数R800x:CDMA2000、cdmaOne、EVDO
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB
  • センサー類:Gセンサー、デジタルコンパス、近接センサー、ライトセンサー、A-GPS
  • バッテリー:1,500mAh
  • 機能など:DLNA対応
  • ゲームプラットフォーム:Z-System
  • カラー:ブラック、ホワイト
Source:Sony Ericsson

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5