トヨタやフォードなど、スマートフォンと車載システムを繋ぐ「スマートデバイスリンク」を管理する業界団体を設立

投稿日時 1月 4th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。




トヨタとフォードは 1 月 4 日、自動車でスマートフォンにインストールしたアプリを使いやすくすることを目的としたオープンソースプロジェクト「スマートデバイスリンク」を管理する自動車メーカーによる業界団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」を設立すると発表しました。


同コンソーシアムは、スマートフォンと車載システムを繋ぐオープンソースプロジェクト「スマートデバイスリンク」を管理する団体で、トヨタ、フォード、富士重工業、マツダ、スズキ、PSA グループ、Elektrobit、Luxoft、Xevo などが初期のメンバーとなっており、Harman と QNX も同コンソーシア参画の覚書を交わしています。

スマートフォンと車載システムを繋ぐ仕組みとしては、Apple CarPlay や Android Auto が存在しますが、スマートデバイスリンクは自動車メーカーが主導して開発している点で大きく異なります。

また、同コンソーシアムに参加している企業は各社の基準を満たした場合、スマートデバイスリンク経由でアプリから車両データにアクセスできるようになっています。

ソマーとデバイスリンクは 2013 年にフォードの「AppLink」で採用されており、AppLink のコア機能をベースに開発されていると見られます。トヨタは 2018 年までにスマートデバイスリンクを採用した車載システムを開発するとしています。

Source : 日経プレスリリース

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5