「HTC U11+」で背面に移動した指紋リーダーの実態

投稿日時 11月 11th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



HTC スマートフォンの多くは指紋リーダーを本体の前面に付いていますが、最新のフラッグシップ「HTC U11+」で背面に移動しました。

私の知る限り、HTC スマートフォンの指紋リーダーは HTC One M9+ で最初に導入され、当時から指紋リーダーは前面の下部のホームボタンに統合されていました。

指紋リーダーが背面に移動したことで、人差し指を使ってロックを解除することになります。これはスマートフォンでは一般的なことなので、慣れた手つきでロックを解除できると思います。




機能の面については、指紋は最大 5 つまで登録でき、タッチした際にバイブレーションを鳴動させる、画面を復帰させる、さらにタップで自撮りを行うことも可能です。

最後の機能は HTC U11+ ならではでしょうか。カメラを自撮りモードにして指紋リーダーに触れると 3 秒のタイマー撮影が開始します。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5