Xperia XZ2のデザインをXperia XZ Premiumと比較

投稿日時 3月 25th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。



Sony Mobile の 2018 年フラッグシップスマホ「Xperia XZ2」では約 2 年ぶりに端末デザインがリニューアルしました。そこで今回は従来のデザインの代表例として Xperia XZ Premium と比較しながら Xperia XZ2 の外観を紹介してきます。

Xperia XZ2 で大きく変わったのは、18:9 ディスプレイを採用したところ、フラットな形状から丸くなったところ、そして指紋リーダーが背面に移ったところです。端末を遠くから見るとその外観は Xperia XZ Premium や Xperia XZ1 に似ていますが、実機を持ってみるとまるで別物でした。

198g という質量はヘビーな印象を与えますが、端末そのものは Xperia XZ Premium より小さいほどコンパクトなので、単に重たいというよりも適度な重量感があってしっくりくるような印象でした。




ディスプレイサイズは 5.7 インチと比較的大きいながらも、5.5 インチの Xperia XZ Premium よりも小さいこと上図や次の写真を見て一目瞭然です。横幅が 72mm なので 5.2 インチ端末並みのサイズ感だと考えて良いでしょう。




バックカバーは HTC U11+ のように綺麗にカーブしており、まるで卵のような表面を撫でているような質感でした。背面にはガラスパネルが使用されているので触れた時にはツルツルとした感触。この丸みが手によくフィットするからこれほど持ちやすいのだと考えています。この丸みは Xperia XA2 シリーズよりもあります。







指紋リーダーは側面から背面に移動し、Pixel スマートフォンのように人差し指でタッチする仕組みに変わり、利便性が向上したと思います。だがしかし、指紋リーダーの位置が下過ぎでタッチし辛い、しかも一般的なスマートフォンでは指紋リーダーの位置にカメラレンズが配置されているので誤ってカメラレンズによく触れてしまいます。この部分が若干残念です。




実機でしか分かりませんが、Xperia XZ2 の触覚フィードバックは従来モデルから大きく変わっています。これはダイナミックバイブレーションシステムの紹介記事でも触れていますが、とても私好みのバイブレーション感でした。




フロント部分は狭額縁デザインの採用によってディスプレイ占有率が向上しており、例えば動画を見ている時には従来モデルよりも好印象です。もちろん上下にスピーカーが付いており、S-Force バーチャルサラウンドも利用できます。




18:9 ディスプレイを採用したことでマルチウィンドウ機能を利用した際に 2 つのアプリの表示領域が若干拡大し少しだけ見やすくなりました。



関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5