ソフトバンク、準天頂衛星みちびきにも対応した位置情報トラッキングサービスを開始

投稿日時 7月 18th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




ソフトバンクは 7 月 18 日、“国産 GPS” こと準天頂衛星「みちびき」を活用した高精度の「準天頂衛星対応トラッキングサービス」を法人向けに 8 月下旬より提供すると発表しました。

本サービスは、GPS / GLONASS / QZSS や LTE 通信に対応したソフトバンク独自開発の「マルチ GNSS 端末」が準天頂衛星独自の L1-S 補強信号を受信し、得られた座標データを LTE ネットワーク経由でソフトバンクの IoT プラットフォームに送信して処理し、PC やスマートフォンから位置情報を確認できるというものです。

みちびきの補強信号によって位置の測位精度は 1.0 ~ 1.8m の誤差に向上すると言われています。GPS や GLONASS での位置測位だと、誤差は 5 ~ 10m なので本サービスでより精度の高い位置を取得できることになります。

また、マルチ GNSS 端末は屋内の位置測位サービス「IMES(Indoor Messaging System)」にも対応しているため、屋内外でシームレスなトラッキングが可能です。

準天頂衛星対応トラッキングサービスによって、バスやタクシー、トラック等の交通・運送系の業務運行においてより正確な位置情報をリアルタイムで確認したり、ログを取ることが可能になります。

Source : ソフトバンク

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5