東芝、Android 3.0(Honeycomb)タブレット「REGZA Tablet AT300」を6月下旬に国内発売

投稿日時 4月 20th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



東芝は4月20日、Android 3.0(Honeycomb)を搭載したAndroidタブレット「REGZA Tablet(レグザタブレット) AT300」を6月下旬に国内発売すると発表しました。価格はオープンプライス。

AT300はLEDバックライト搭載した10.1インチWXGA(1,280×800)液晶ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2デュアルコア1GHzプロセッサーを搭載したHoneycombタブレット。3Gモジュールは搭載されていません。

ディスプレイには、低解像度の映像を高精細にする「レゾリューションプラス」や、感度を周辺環境に合わせて自動調節する「アダプティブディスプレイ」といったREGZAの技術が応用されています。

また、スピーカーの音質を向上する「オーディオ エンハンサー」や、騒音の中で音質を自動調節する「ノイズ エコライザー」、音声通話をクリアにする「SRS Premium Voice Pro」といった技術を搭載しており音響関連にもおこだわりを見せています。

AT300には、液晶テレビ”レグザ”やブルーレイレコーダ”レグザブルーレイ”を連携できる「レグザAppsコネクト」のアプリが標準搭載。本体には、HDMI出力端子も搭載されており、映像や写真などをテレビなどに出力して視聴できたりします。

さらに、東芝は本日より開始した電子書籍販売サービス「ブックプレイス(Book Place)」を開始しており、本体に「東芝スピーチ シンセシス」をインストールすることで、約6000冊の書籍コンテンツを音声で楽しむことができるという。

”EasyGrip”と呼ばれるラバー素材でコーティングされたグリップ性の良いバックカバーとバッテリーは交換可能。バッテリーはオプションとして販売されるそうです。

REGZA Tablet AT300の仕様

  • OS:Android 3.0(Honeycomb)
  • サイズ:273mm(H)×177mm(W)×15.8mm(D)
  • 重さ:約765g
  • ディスプレイサイズ:10.1インチ、解像度1,280×800(WXGA)、
  • ディスプレイ:TFT液晶、LEDバックライト、静電容量式、マルチタッチ
  • チップセット:NVIDIA Tegra 2 T250
  • メモリ:1GB
  • ROM:16GB
  • 外部メモリ:SD/SDHC(最大32GBまで)
  • メインカメラ:500万画素CMOS
  • サブカメラ:200万画素CMOS
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:ミニUSB、フルサイズUSB、HDMI出力、専用ドック接続用端子、SD/SDHCカードスロット、電源アダプタ、3.5mmオーディオジャック、ステレオスピーカー、回転ロックボタン
  • センサー類:Gセンサー、デジタルコンパス、ジャイロセンサー、ライトセンサー、GPS
  • バッテリー:
  • カラー:
Source : 東芝

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5