BSQUARE、MSM8660デュアルコア1.5GHzを搭載したスマートフォン型開発キット(Qualcomm Snapdragon MDP)を一般販売

投稿日時 4月 28th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



BSQUAREは4月27日、Qualcomm MSM8660デュアルコプロセッサーを搭載したAndroid向けモバイル開発プラットフォーム(MDP)の一般販売を開始しました。

今回販売されることになったMDPは、開発者さんたちが最新のQualcomm MSM8x60プロセッサーを搭載する端末を使った開発やテスト、Androidアプリの最適化での利用を目的に提供されるもので、一般消費者向けではありません。開発者向けということもあり、CPUクロックは1.5GHzに設定されています。

スペックは、3.61インチタッチスクリーンWVGA(800×480)、Qualcomm MSM8660デュアルコア1.5GHzプロセッサー(Adreno 220 GPU搭載、非同期での動作に対応)、1GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、背面に1,300万画素のカメラ、前面に100万画素のカメラ、マイクロUSB(USB-OTG対応)、HDMI出力端子搭載。OSはAndroid 2.3(Gnigerbread)でUIはカスタマイズされています。3Dパフォーマンスを最適化するためのAdreno Profilerと、アプリの電力使用量を最適化するためのTrepn Profilerが適用されているそうです。

MDPの価格は$1,350です。BSQUAREは購入者に対して開発ツールや端末のソフトウェアアップデートを提供、技術的な支援も行うとのこと。

Source : BSQUARE

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5