インドで超低価格のAndroidタブレット「Aakash」が発売

投稿日時 12月 18th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

インド政府が学生向けに格安で提供予定のAndroidタブレット「Aakash」の商用販売が開始されていました。Aakash開発元のDataWindがWEB直販を行っていましたが、既にSold Out。販売価格は2,500インドルピー(約3,700円)でした。

Aakashのスペックは以下の通りで、3Gモデムやカメラは搭載されていません。
  • Android 2.2(Froyo)、Androidマーケット非搭載
  • 7インチWVGA、感圧式タッチスクリーン
  • Connexant ARM11 366MHz CPU
  • 256 MBのRAM、2GBのROM
  • フルサイズのUSB×2、マイクロSDカードスロット、3.5mmオーディオジャック
  • 2,100mAhバッテリ、使用時間は2~3時間
  • 通信機能はWi-Fiのみ
DataWindは、Aakashのスペックアップ版「UbiSlate 7」の販売を予定しており、現在予約受付を行っています。UbiSlate 7では、プロセッサーがARM Cortex A8 700MHzに、バッテリー容量が3,200mAhにアップグレードされています。通信機能では、Wi-Fiと2GのGPRS通信に対応します。価格は2,999インドルピー(約4,400円)。

Source : AakashAndroidOS.in

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5