CyanogenMod 10 Nightlyビルドにアプリの表示領域を拡大する「Extended Desktop」機能が追加

投稿日時 10月 30th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

Android 4.1.2ベースのカスタムROM「CyanogenMod 10」のNightlyビルドに「Expanded desktop」と呼ばれる機能が追加されました。

この機能は、下部のナビゲーションバー(あるいはシステムバー)と上部のステータスバーを非表示にできるオプションで、有効にするホーム画面やアプリがフルスクリーンで利用できるようになります。オプションの有効/無効は電源ボタンを長押ししたときに表示される「タブレットオプション」から行うことができます。中ほどの「Expanded desktop」がそれです。


Nexus 7でこのオプションを有効にしてWEBページを表示したときの様子が2枚目の写真です。ページが画面一杯に広がりより多くの情報が表示されます。操作ボタンが消えるので誤操作も防止できます。電子書籍を読むには最適な機能ではないかと・・・。

オプションを有効にすると本体操作ができなくなりますが、例えば、「Button Savior」アプリを利用すると、画面上に半透明の操作ボタンを設置できるので、本体操作も可能になります(ボタンの例は1枚目の画像右のスクリーンショットを参照)。

Source : CyanogenMod

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5