ソフトバンク、Android2.2搭載「ZTE Libero 003Z」を発表

投稿日時 11月 4th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

ソフトバンクは11月4日、2010年冬~2011年春モデル発表会において、ZTE製Android2.2搭載「Libero 003Z」を発表しました。

003Zは、海外では「ZTE Blade」として販売されている端末の派生モデルで(海外で販売されているものとは若干異なる仕様なので)、3.5インチWVGAディスプレイとAndroid2.2を搭載しています。

003ZのプリインストールアプリにもFlash Player 10.1が明記されていないことから、対応しないものと思われます。

また、デフォルトで日本語・英語・中国語の3カ国語に対応しているそうです。
  • 筐体サイズ:114×57×12.5mm、重さ約110g
  • ディスプレイ:3.5インチWVGA(800×480)、TFT、マルチタッチ
  • SoC:Qualcomm MSM7227 600MHz
  • メモリ:
  • ストレージ:マイクロSDHC(2GB同梱)16GBまで対応
  • カメラ:500万画素CMOS、オートフォーカス
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g、Bluetoth 2.1+EDR、W-CDMA方式(2100MHz)、GSM方式(900/1,800/1,900MHz)
  • 外部端子:マイクロUSB、3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー:
  • OS:Android2.2(Froyo)
  • ガラケー機能:S!メール
  • カラーバリエーション:チタンブラック、ホワイト
Source:ソフトバンク

    関連する記事一覧

    1週間の人気記事ベスト5