NTTドコモ、LG製Honeycombタブレットを3月末までに発売

投稿日時 1月 1st, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

され、新年早々面白いニュースが飛び込んできました。どうやららNTTドコモは、以前から当ブログで紹介しているLG製のHoneycombタブレットを今年3月末までに発売する予定とのこと。日本経済新聞の報道で明らかになりました。

報道内容では、そのタブレットは8型台、携帯電話回線にアクセスでき、搭載OSはGoogleが早ければ今月中にも発表する見込みの”新OS”とのこと。つまり、Android 2.4/3.0(Honeycomb)となるわけです。

12月9日に「LG製でNTTドコモ向けのHoneycombタブレット「Optimus Pad L-06C」についてという記事で紹介しましたが、大体会っているみたいですね。

端末のペットネームやキャリア型番などは不明ですが、恐らく「Optimus Pad L-06C」となるでしょう。

キャッチフレーズは、”フルエンタメを持ち歩く、究極のモバイルAVタブレット”

Optimus Pad L-06Cの主な仕様は、

  • OS : Android 2.4/3.0(Honeycomb)
  • CPU : NVIDIA Tegra2 T250 1GHz
  • ディスプレイ:約8.9インチWXGA(1280×768)、マルチタッチ10点認識
  • ストレージ: 32GB
  • メインカメラ : 5MP 3Dカメラ
  • バッテリー : 6,400mAh
  • スピーカー : ステレオスピーカー
  • 重さ : 620g (iPadより110gほど軽い)
  • その他 : HDMI出力
だという情報が入っています。日経の報道内容ではAV機器との連携も可能とされており恐らくHDMI出力またはDLNAによるものだと予想できます。

発売が楽しみですね!

ちなみに、3月末までの発売なのかは、SO-01Cの理由と同じだと思います。SIMロック解除宣言がらみだと予想できます。なので、逆に発売が4月にズレ込むことは考えにくいことになりますね。

Source : 日本経済新聞

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5