MWC 2011:Sony Ericsson、「Xperia neo」を正式発表、3.7インチ、1GHz Snapdragon、Gingerbread搭載

投稿日時 2月 14th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, Android端末情報, MWC 2011
コメントは受け付けていません。



Sony Ericssonは2月13日、スペイン・バルセロナで開催中のMWC 2011前日プレスイベントで、「Xperia neo」を正式に発表しました。

Xperia neoは3.7インチFWVGA(854×480)サイズのディスプレイ、1GHz Snapdragon MSM8255、8.1MPリアカメラ、フロントカメラ、HDMI出力端子、OSはAndroid 2.3(Gingerbread)を搭載しています。

Xperia arcと同じくモバイルBRAVIAエンジン、カメラ素子にExmor R for MobileなどSony独自技術が採用されています。スペック的にはさほど変わらない気がします。

大きな違いは端末デザインとディスプレイサイズくらいでしょうか。3.7インチと4/4.3インチの端末と比較しコンパクトであり、さらに端末側面、背面に丸みを帯びており恐らくかなり持ちやすい端末なのかも知れません。

Sony Ericsson的なXperia neoの特徴は、

  • Exmor R搭載によって少ない光量でも明るい写真を撮影できる
  • モバイルBRAVIAエンジンを搭載したRealityディスプレイは最強!
  • HDMIでTVと接続でき、写真や動画(720p HD)を表示・再生できる
  • Androidマーケットの10万ものアプリを利用可能なところ
  • もちろんGoogleサービスを利用できること自体も
です。一応Xperia neoにもWCDMA800MHzに対応したモデルもありますが、日本で発売されることには繋がりませんのでご注意ください。(発売されればかなり売れそうな機はしますが・・・)

発売時期は特定の市場で2011年Q1末より、となっています。SIMフリー版買うよね?

仕様です。
  • OS:Android 2.3(Gingerbread)
  • サイズ:116.0mm(H)×57.0mm(W) x 13.0mm(D)
  • 重さ:約126g
  • ディスプレイサイズ:3.7インチ、解像度854×480(FWVGA)
  • ディスプレイ:TFT LCD、モバイルBRAVIAエンジン搭載、16Mカラー、耐キズ加工
  • チップセット:Qualcomm 1GHz MSM8255
  • メモリ:512MB
  • ストレージ:1GB
  • マイクロSD:32GBまで対応(標準8GB同梱)
  • リアカメラ:8.1MP、Exmor R for Mobile、720p HD
  • フロントカメラ:0.3MP
  • 対応周波数:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(800/1900/2100 or 900/2100)
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、HDMI、マイクロUSB
  • センサー類:Gセンサー、デジタルコンパス、近接センサー、ライトセンサー、A-GPS
  • バッテリー:1,500mAh
  • 機能など:DLNA、ANT+
  • カラー:Blue Gradient、Red、Silver
Source : Sony Ericsson

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5