MWC 2011:Smasung、10.1インチHoneycombタブレット「Galaxy Tab 10.1」を正式発表

投稿日時 2月 14th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, Android端末情報, MWC 2011
コメントは受け付けていません。



Samsungは2月13日、スペイン・バルセロナで開催中のMWC 2011前日プレスイベントで、Galaxy Tabシリーズ新機種である10.1インチHneycombタブレット「Galaxy Tab 10.1」を正式に発表しました。

Galaxy Tab 10.1は、10.1インチWXGA(1,280×800)サイズのディスプレイ、1GHzデュアルコアTegra 2、8MPカメラ(LEDフラッシュ付)、2MPフロントカメラ、デュアルサラウンドスピーカー、OSはAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載。UIはHoneycomb標準UIでSamsung独自のものではありません。

驚くのはそのサイズや重さですね。10.1インチサイズと言いながら重さ約599gとiPad(680g)やMotorola XOOM(730g)よりも超軽い!しかも、厚さ10.9mmと、iPad(13.4mm)Galaxy Tab(12.1mm)、Motorola XOOM(12.9mm)と比べても薄い!それでバッテリー容量が6、860mAhと大容量なんですか・・・。

Galaxy Tab 10.1は、1080pフルHD動画の撮影や再生、HDMIを介してテレビに出力することも可能。ジャイロセンサーも搭載しているので複雑な動きの3Dゲームにも対応しますね。その他、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、HSPA+(21Mbps)などにも対応しています。

Galaxy Tab 10.1は、2011年3月中にアジアおよび欧州での発売が予定されているそうです。Vodafoneとの販売提携を発表しており、Vodafoneがまず発売することになると言われています。

仕様です。

  • OS:Android 3.0(Honeycomb)、Android標準UI
  • サイズ:246.2mm(H)×170.4mm(W)×10.9mm(D)
  • 重さ:約559g
  • ディスプレイサイズ:10.1インチ、解像度1,280×800(WXGA)
  • ディスプレイ:TFT LCD
  • チップセット:NVIDIA Tegra 2 デュアルコア 1GHz
  • メモリ:
  • ストレージ:16GB/32GB
  • マイクロSD:32GBまで対応
  • リアカメラ:8MP、LEDフラッシュ、1080p@24fpsフルHD動画撮影
  • フロントカメラ:2MP
  • 対応周波数:GSM/EDGE(850/900/1800/1900)、WCDMA(850/900/1900/2100)、HSPA+(21Mbps)
  • ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:USB、HDMI、3.5mmオーディオジャック
  • センサー類:Gセンサー、デジタルコンパス、ジャイロセンサー、近接センサー、A-GPS
  • バッテリー:6,869mAh
  • 機能など:DLNA
  • ソフトウェア:
仕様は未完成です。

Source : Engadget

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5