ZTE Blade V8 Proのダブルレンズカメラで出来ることを紹介

投稿日時 3月 13th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。




中国メーカー ZTE が今年 1 月に米国で発売した非常にお買い得な新型スマートフォン「Blade V8 Pro」のダブルレンズカメラでできることを紹介します。

Blade V8 Pro は ASUS の ZenFone 3 並みのスペックを備えながらも、米国で $229(約 25,000 円)で販売されています。この価格帯でダブルレンズカメラ仕様というのは珍しく、個人的には非常にお買い得だと思います。

Blade V8 Pro のリアカメラは 1,300 万画素 + 1,300 万画素という構成です。カメラアプリに「デュアル」という専用メニューが設けられとり、次の 3 つの撮影モードを利用することができます。



そのカメラモードとは、仮想的に F 値を変更して背景をぼかす「BOKEH(ボケ)」、赤・緑・青のいずれかにマッチした要素を色付きで際立たせる「MONOCOLOR」、モノクロ写真を撮影できる「MONOCHROME」です。

ボケ




モノカラー(青にフォーカスした場合)




モノクロ




この中でも特に背景をぼかす機能は現代のスマートフォンに求められる機能の一つなので、これを 25,000 円前後の端末で利用できるのは嬉しいことです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5