Android 8.1 Oreo DP2でPixel 2の「Pixel Visual Core」を有効にする方法

投稿日時 11月 28th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




本日リリースされた Android 8.1 Oreo の Developer Preview 2 で、ようやく Google 初のカスタムプロセッサ「Pixel Visual Core」を利用できるようになりました。

Pixel Visual Core は Google 設計のコプロセッサで、HDR+ などの画像処理と機械学習を活用したアプリの処理を担当し、これらのタスクをバックグラウンドで行い、低レイテンシーかつ少ない電力で処理することができるとされています。

一般のユーザーは Android 8.1 のリリース版で公式に利用できることになりますが、DP2 では手動で有効化できます。

現時点で Pixel Visual Core の機能は初期段階の実装となっており、“特定のカメラ” と Android Camera2 API を介して別のアプリから HDR+ 撮影を行うことしかできません。

Pixel Visual Core を有効にするには、開発者向けオプションに入り、「カメラ HAL HDR+」を ON にします。これで対応アプリでも Pixel 2 の HDR+ 撮影が可能になります。




カメラに関連して、Android 8.1 DP2 には「カメラのレーザーセンサー」と呼ばれる新オプションも実装されていました。トグルスイッチなどは見当たりませんが、今後はレーザー AF 機能も触れるようになるようです。



関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5