京セラがAndroidスマートフォン「Zio M6000」を発表、iPhoneより持ちやすい?

投稿日時 3月 24th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

米Kyocera Communicationsが、現在ラスベガスで開催中のCTIA Wireless 2010でAndroidスマートフォン「Kyocera Zio M6000 Android」を発表したそうです。

京セラは京セラですが、米国京セラが開発するもので2010年第二四半期あたりに米国市場へ投入されるそうですが、日本国内へは現時点で投入する予定はないと言われています。



Zio M6000のスペック

  • 筐体サイズ:116mm×58.6mm×12.2mm 105g (iPhone:115.5mm × 62.1mm × 12.3mm 133g)
  • 画面サイズ:3.5インチ、WVGA
  • CPU:Qualcomm MSM7627 600MHz(未確認)
  • メモリ:RAM 256MB、ROM 512MB、マイクロSDは32GBまで(SanDiskとか)
  • カメラ:3.2MP、オートフォーカス、フラッシュ無し、30fpsの動画撮影
  • 通信:CDMA2000 1xEV-DO rev. A、Wi-Fi、Bluetooth
  • OS:Android1.6(ええっ?)
筐体サイズのところにiPhoneのデータも載せていますが、比較してみるとiPhoneより縦方向に長く、幅が狭い、わずかながら薄いと言うことで、iPhoneではかろうじてできていた片手操作もこれならもっと楽にできると思います。

スペック的には、HTC Legendと似たり寄ったりでHT-03Aよりは確実に高速に動作するでしょう。またトラックボール、物理キーボードも搭載されているためLegendよりも使いやすい(?)かも知れません。

今の時点では日本で発売されないそうですが、どう見てもau向け端末としか見えませんね(笑)

Zio M6000 Androidの詳細は
http://www.kyocera-wireless.com/m6000-phone/

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5