Samsung、モバイル向け「Exynos 4210」プロセッサを発表、コードネームは”Orion”

投稿日時 2月 11th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Samsungは2月11日、同社開発のARM Cortex A9 デュアルコア 1GHz CPUを搭載したモバイル向けプロセッサー「Exynos 4210」を発表しました。

Exynos 4210はSamsungが昨年9月に発表したコードネーム”Orion”の製品名で、来月3月より量産を開始するとのこと。”Orion”のサンプル出荷は昨年Q4より行われているので、2月のMWC 2011ではそれを搭載した製品試作機などが展示される?

また、先ほど紹介したGalaxy S II SC-02Cのウワサ情報では、SC-2CのCPUを”デュアルコア 1GHz”としていましたが、Exynosである可能性が高そうですね。

ちなみに、SamsungによるとExynosというブランド名はギリシャ語でスマート(Exypnos)とグリーン(Prasionos)の意味が込めているそうです。

”Orion”は1GHz駆動のARM Cotex A9コアを2基、Hummingbirdより高性能なGPUを搭載し。Hummingbirdの倍の1MBのL2キャッシュ、タスク処理方式変更によるマルチタスク処理の最適化、DDR2やDDRへの対応、1080p@30fps  フルHDでの動画撮影・再生、HDMI 1.3a対応などが変更点として紹介されています。グラフィック性能はHummingbirdの5倍とも言われています。

Source : IT Times(プレスリリース)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5