オンキヨー、Android 3.2(Honeycomb)搭載10.1インチタブレット「SlatePad TA2C-A25T3H」を発表、12月上旬より企業向け販売を開始

投稿日時 11月 16th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

オンキヨーがAndroid 3.2(Honeycomb)を採用した10.1インチタブレット「SlatePad(スレートパッド) TA2C-A25T3H」を発表しました。12月上旬より企業向け販売が開始されます。

TA2C-A25T3Hは、10.1インチWXGA(1,280×800)サイズのタッチスクリーン(静電容量式、マルチタッチ対応)、NVIDIA Tegra 2(T250) 1.0GHzを搭載した端末で、日本語入力アプリとして、手書き文字入力システム+手書きメモアプリの「7notes with mazec for  ONKYO」がプリインストールされています。Androidマーケットにも対応しています。

その他、RAM容量は1GB、内蔵ストレージ容量は16GB、microSD/microSDHCカードスロット、背面に500万画素CMOSカメラ、前面に200万画素CMOSカメラ、microHDMI出力端子、microUSB端子を搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRのみで3G通信モジュールは非搭載。バッテリーは7.4V 3.600mAhのリチウムイオン で、使用時間は10時間とされています。本体サイズは264mm×177mm×13.8mm、質量は約800g。

Source : オンキヨー

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5